【オンデマンド放送:2021.02.10放送回】

※一ケ月限定フルバージョンです。
 
今月はワガママに「俺と同じFEB生まれ『2月生まれの憎い奴!』」特集!
その第2弾!

 
【今日の一曲目】
アンコ椿は恋の花 / 都はるみ
([Sg] “アンコ椿は恋の花 / 都はるみ” 1964年)
『カッコいい歌い手さんですよね。振袖で斜(しゃ)に構えた立ち姿。
都はるみさんも2月22日生まれ!イイですねー。
5年前に、調布飛行場から小型飛行機に乗って伊豆大島に行ったことがあります。(広規)』
([Sg] "アンコ椿は恋の花 / 都はるみ" 1964年)
【今日の二曲目】
Steam / Peter Gabriel
(“Us / Peter Gabriel” 1992年)
『ピーター・ガブリエル!2月13日生まれ。大人なロックの感じですね。都はるみと同じ2月生まれの対比を楽しもうと選んでみました。
プロになりたての78年頃、青山純と2人で雑誌の取材を受けたことがあって「好きなアーティストは?」と聞かれたとき、私は「ジミヘン」「フランク・ザッパ」とか答えて、青山は「ピーター・ガブリエル」と答えたんで「え?!それ誰?」と、その頃まだ知らなくて、初めてジェネシスを知りました。
東京の山の手育ちは、こういうのを聴いてるんだ~と思いました。(広規)』
("Us / Peter Gabriel" 1992年)
【今日の三曲目】
南の花嫁さん / 小川美潮
(“THE FEB / THE FEB” 2018年)
『毎年THE FEBのライブをしていて、森園勝敏や横内健亨がどんなに男っぽいフレーズを弾いても、美潮ちゃんのコーナーになると、完全に喰われちゃって、会場全部が美潮ワールドになってしまいます。
一流やさぐれミュージシャンをバックに「お土産はなーに?カゴのオウム♪♪♪」凄いですね。(広規)』
("THE FEB / THE FEB" 2018年)
【今日の四曲目】
Pretty World / Sergio Mendes & Brasil ’66
(“Crystal illusion / Sergio Mendes & Brasil ’66” 1969年)
『セルジオ・メンデスも2月生まれ。嬉しいですね!
中学に入ってすぐの頃マシュケナダがラジオから流れて好きになってから早半世紀以上。活躍し続けて、一昨年の新譜もいいんですよ。今夜はセルメンの中でもアダルトで明るい感じの曲で攻めてみました。(広規)』
("Crystal illusion / Sergio Mendes & Brasil '66" 1969年)
 
【YouTube で見る】
都はるみ -アンコ椿は恋の花
https://www.youtube.com/watch?v=uLa1xwRlLo4
Peter Gabriel – Steam
https://www.youtube.com/watch?v=Qt87bLX7m_o
Sergio Mendes & Brasil ’66 – Pretty World (HQ audio)
https://www.youtube.com/watch?v=DoN6tGEKjCM
 
【エピソード写真館】
5年前に、調布飛行場から小型飛行機に乗って伊豆大島に行ったことがあります。秋のはじめだったので椿の季節では無かったのですが、憧れの「くさや」を食べると称して仲間10人で一泊の旅。
<↓カモノハシのような小型飛行機で伊豆大島へくさやの旅2015>
↓カモノハシのような小型飛行機で伊豆大島へくさやの旅2015
大島に着いてから、レンタカーでまず行ったのは、この歌の歌詞にある「波浮港」(はぶみなと)。
<↓伊豆大島の顔(笑)>
↓伊豆大島の顔(笑)
港は昔、相当、賑やかだったようなんですが、70年代からの噴火や地震で地盤沈下して、船着場と海の水位がほぼ同じ高さになるんです。
<↓これがあの「波浮港」満潮に近づくと船着場と海面の高さが逆転してきて、船着場はだんだん水浸しになってきます。>
↓これがあの「波浮港」満潮に近づくと船着場と海面の高さが逆転してきて、船着場はだんだん水浸しになってきます。
ちょうど行った時は満潮近くだったので、船着場は水浸しになっていたんで、みな子供のように大はしゃぎしてると、湾の中のヨットから降りてくる可愛いギャルたち発見!
「ナニしてんのー?」と声をかけると高校のヨット部の練習を終えたところとのことで、逆に「どこからきたの?」と聞かれたので「東京」と答えるとギャル達は「ここも東京だよ」と、そういや~そうだよね~。ギャル達との楽しいひとときを味わえました。
伊豆大島のくさやの旅は、面白すぎて話せば長くなるので、またいつか。


 
【今週のいとうこうき】
2月生まれは芸達者が多いと勝手に思いながら、
来週もFEB特集をお楽しみに!
 
【オープニングBGM】
Challi-Sienne / 伊藤広規 (“sometime somewhere” 2013)
SometimeSomewhere_伊藤広規
伊藤広規のソロアルバム
※ 全国CDショップ、itunes、伊藤広規公式サイトでお買い求めいただけます。