【オンデマンド放送:2024.07.10放送回】


梅雨はまだ開けてないのに暑い日が続いて体が溶けてしまいそうですね。
先週、我が家のテラスから花火が見えて早めの夏気分を味わいました。
少し遠目に見えるので、空に打ち上がる花火から2〜3秒後にドーンという音がする。このズレがなんともおかしくて、大きなドームでコンサートを見る時の目に映るステージと音のズレを思い出してしまいます。

さて、今夜は絶好調のテトラゴンの新譜からひとつまみ❣️

【今日の一曲目】
よろしくたのむぜ / Koki Tetragon
(2024年)(“EXTENSIONS / Koki Tetragon” 1979年)
https://www.250music.jp/search/TID031849.html

『4月に発売した第1号のシングル。
広島から始めたツアーも今度の日曜日14日の新宿 御苑サウンドで9ライブ目になります。
リリースした曲を2ヶ月半という短期間でこんなにステージで演奏するのは、自分のバンドでは、はじめて。
山下達郎さんや他のアーティストのツアーならばともかく、自分のバンドで、全国あちらこちらのライブハウスで演奏する面白さはひとしお。
同じ曲を何度も演っても飽きるどころか、手ごたえもやさぐれ度も毎回バージョンアップしてくるんですね。
テトラゴンはそこがスゴイし面白いところ。
『よろしくたのむぜ』 のタイトルの如く、みなさん、この曲、よろしく頼みます。(笑)(広規)』
 


 

【今日の二曲目】
Walkin’ on the rainy day / Koki Tetragon
(2024年)(“EXTENSIONS / Koki Tetragon” 1979年)
https://www.250music.jp/search/TID032166.html

『この曲は6月発売の第2号から。
ライブでは、いい感じにお客さんと戯れられる曲。行く先々の地名やお客さんの名前を盛り込んだりして、ライブ会場でみんなが口ずさめそうで、ふんわりとして一体になれる感じな曲なんですね。
「雨の日に歩いてもいい感じさ」って歌詞があるんですが、雨の日に歩くのは、なかなかシアワセ気分にはなれないことが多いけど、どうせならシアワセ気分で雨の中を歩きたいですね。
梅雨明けまでにまだ雨の日があったらこの歌を口ずさみながら、シアワセ気分で歩いてみましょ!(広規)』
 


 

【今日の三曲目】
Blue Sky in ADACHI / 伊藤広規
(“‘s Wonderful / 伊藤広規” 2022年)
https://www.250music.jp/search/TID019071.html

『私のソロアルバムの曲。
生まれ育った東京の端っこの足立で、子供の頃に見てた空は真っ青でデカくて。
そんなことを描きたくて作った曲なんですが、今や足立区も都会と化して(かして)デカい空は無くなってしまいました。

最近のテトラゴンではこの曲をリメイクしてサンババージョンでプレーしてます。
ロックをサンバで。合わなそうと思ったら合っちゃったんですねー。
このテイクのドラムは岡井大二。スネアの音がいいんです。
テトラゴンでのサンババージョンも岡井大二。奔放にラテン風に叩くのがこれまたイイ。
秋と冬のリリース3号・4号には入れられなかったんで、追加で出そうかと思ってるんですが、今夜はまだお聞かせできるライブテイクの編集ができなかったので、’s Wonderfulバージョンで、サンババージョンは今週末の御苑サウンドに聴きに来てくださいね。(広規)』
 


 

では、みなさま、良い夜を。

伊藤広規 公式YouTube 再生リスト
https://www.youtube.com/c/itokoki1954/playlists

【伊藤広規 公式YouTube】
https://www.youtube.com/c/itokoki1954

【伊藤広規 公式サイト】
https://ito-koki.com/

【オープニングBGM】
Challi-Sienne / 伊藤広規 (“sometime somewhere” 1976)
SometimeSomewhere_伊藤広規
伊藤広規のソロアルバム
※ 全国CDショップ、itunes、伊藤広規公式サイトでお買い求めいただけます。