【オンデマンド放送:2019.10.09放送回】

※一週間限定フルバージョンです。
 
今夜は秋でも気分はトロピカル!マーク・ジョーダン特集!
 
【今日の一曲目】
Generalities / Marc Jordan
(“Blue Desert / Marc Jordan” 1979年)
『マーク・ジョーダンのこのアルバムは、先週のスティーヴ・ケプナーと同じ、ジェイ・グレードンのプロデュース。
キーボードの新川博の家で、この外盤の発売と同時に聞かされて、「オシャレ!」って思って、先を越されてはならぬ!と買って帰りました。(広規)』
("Blue Desert / Marc Jordan" 1979年)
【今日の二曲目】
Red Desert / Marc Jordan
(“Mannequin / Marc Jordan” 1978年)
『青山純とプロとしてスタジオ仕事をするようになった頃、都会的なポップな音楽がどんどん出てきてレコードを漁ってはカセットテープに入れて、ギャランGTOでドライブ。気に入った曲が流れると「俺たちならもっとカッコよくできるよなー」なんて血気盛んに話してました。
私も青山も超絶テクニックではないんですが、音楽をカッコよくするツボは心得てました。(広規)』
("Mannequin / Marc Jordan" 1978年)
【今日の三曲目】
I’m A Camera / Marc Jordan
(“Blue Desart / Marc Jordan” 1979年)
『これを聞いてた当時、青山と2人で「一龍 」というラーメンの屋台にはまっててよく夜中に砧公園の先まで食べに行ってました。チャーシューがローストビーフのように美味いんです。屋台のあんちゃんに私のことを「スープに油多めのお兄ちゃん」とか言われたりしてだいぶ仲良くなってました。
屋台に行った時は、上野毛の青山のアパートで朝までレコード聴いて起きたらまたスタジオに行く。寝ても覚めても 音楽、合間にラーメン。あっ!今も変わらないですね。人はそう変わるもんじゃない。(広規)』
 
【YouTube で見る】
Marc Jordan – Generalities
https://youtu.be/RktQNME5h4Y
Marc Jordan – Red Desert
https://youtu.be/_tpmu57Vw2g
Marc Jordan – I’m A Camera
https://youtu.be/Z9pqTWt9jSQ
 
【今週のいとうこうき】
週末に、山下達郎のツアーで、初めて根室に行きます。日本の一番東の果て。
どんなところなのか楽しみです。
  
【オープニングBGM】
Challi-Sienne / 伊藤広規 (“sometime somewhere” 2013)
SometimeSomewhere_伊藤広規
伊藤広規のソロアルバム
※ 全国CDショップ、itunes、伊藤広規公式サイトでお買い求めいただけます。