【オンデマンド放送:2019.07.31放送回】

※アーカイブ・オンデマンドでは、トーク内容のみで楽曲はかけておりません。ご了承ください。
 
7月ももう終わり。今年の夏本番はだいぶ遅れましたね。
ようやく夏らしい曲が似合います。

 
【今日の一曲目】
Livin’ It Up / Bill LaBounty
(“Bill CaBounty / Bill LaBounty” 1982年)
『このアルバムはプレーも最高!ステーブガットのドラム、しびれます。
1991年にビルラボウンティーのライブを、北島健二と川崎クラブチッタに見に行きまして、その頃は「曲さえ良ければ誰が演奏してもOKじゃないか!」と思ってたんですが、その時のメンバーが凄く若くて、いい曲に聞こえなかったんです。
「やっぱりプレー、演奏力って大切なんだ」と、北島と二人で新たに再認識したLiveでした。(広規)』
("Bill CaBounty / Bill LaBounty" 1982年)
【今日の二曲目】
What a Fool Believes / Kenny Loggins
(“Outside from Redwoods / Kenny Loggins” 1993年)
『一緒に歌ってる人はマイケルマクドナルドです。上手いですね~。
みなさんよくご存知のドゥービーブラザースで有名になった曲で、あの一世を風靡したリフ。今かかっているバージョンにはあのリフが入ってない!新鮮で素敵ですね!(広規)』
(Outside From The Redwoods / Kenny Loggins" 1993年)
【今日の三曲目】
(“映画 Street of Fire サウンドトラック” 1984年)
I can dream about you / Dan Hartman
『この映画を見た時に、一番印象に残った曲です。
この曲を聴くと、池尻の音楽学校でベースを教えてた頃を思い出します。授業が終わると必ず宴会。今も各地でセミナーした後は、必ず宴会。私の人生は宴会ですので。(広規)』
("映画 Street of Fire サウンドトラック" 1984年)
 
【YouTube で見る】
Bill LaBounty-Living It Up Lyrics
https://www.youtube.com/watch?v=4nZ-g7x-bxM
Kenny Loggins – What a Fool Believes (from Outside: From The Redwoods)
https://www.youtube.com/watch?v=SmHrlKaOBYc
Dan Hartman – I can dream about you (Ruas de Fogo) Traducao em PT-BR
https://www.youtube.com/watch?v=kjzHUPtGoHc
 
【今週のいとうこうき】
明後日の8月2日金曜日に横浜ストーミーマンデーで、森園勝敏・木村万作・西山毅・渡部(わたなべ)チェルと、PROFESSIONALISMS (プロフェッショナリズム)という、セッションライブをします。
2019.08.02 PROFESSIONALISM 3days@ 横浜 StormyMonday
森園と演るのは毎回 面白い。ドラムの木村万作とのプレーは初めて。どんなセッションになるのかワクワクしますね。
ぜひ横浜に見に来てください。
ご予約はこちらからどうぞ!
Stormy Monday WEB予約
 
【オープニングBGM】
Challi-Sienne / 伊藤広規 (“sometime somewhere” 2013)
SometimeSomewhere_伊藤広規
伊藤広規のソロアルバム
※ 全国CDショップ、itunes、伊藤広規公式サイトでお買い求めいただけます。